【レビュー】『松屋 冷凍 牛めしの具』を買って食べてみた。

スポンサーリンク

牛丼チェーンの冷凍食品を紹介するシリーズ。今回は松屋の牛めしです。

プレミアム化で単価を上げようと目論んでみたものの、総スカンをくらいあえなく頓挫してしまったあの松屋です。そう、店舗だとマッズイ味噌汁が無料で付いてくるあの松屋ですね。

以前紹介した、豚めしの方はかなりの美味しさだったんですが、看板メニューである牛めしはどんなもんなんでしょうか。

牛めしには、少し高い国産牛版と、お手頃なオーストラリア産版と2種類ありまして、今回はオーストラリア版の方を購入してみました。

パッケージのオモテ面。基本のデザインは豚めしと同様。ポップな色使いがいいですね

裏面。蒸気口はこちら側ですので、レンジ調理時は要注意。

原材料表示です。オーストラリア産牛肉と表示されています。生産は国内だと思っていいのかな?

栄養成分表示です。豚めしは230kcalだったので、ちょっと少なめです。

レンジ加熱だと水分が飛びやすいので、可能であれば湯煎の方がいいらしいです。真偽は不明ですが。律儀に湯煎で5~6分ほど。

とりあえず小皿にあけてみました。つゆの量は標準的ですが、肉に関しては、脂身や筋が多くて質の悪さがパッと見で明らかに分かります。このへん写真じゃ伝わらないのがもどかしい。

どんぶりご飯にかけて完成。とりあえずいただきます。

食べてみた感想ですが、吉野家、すき家の冷凍牛丼と比べると明らかに数段落ちますね…。肉は脂身が多すぎで、身が少なすぎ。味付けは、お店のに近づけようとしている意思は何となく感じられますが、ちょっと違うかなあ。なんか甘ったるい。甘さがくどくて深みがない。

食後も口の中に甘さが残りまくりで、正直気持ち悪くなりました。肉質はまだ我慢できるとしても、味付けが致命的に悪いです。豚めしは美味しかったのにどうしてこうなった。

以上、あくまで個人的な意見です。これ見てもまだ挑戦してみたい方は是非どうぞ。

他の冷凍食品も紹介していますので、良かったらついでに見てください。

【レビュー】『吉野家 冷凍牛丼』を買って食べてみたよ
突然ですが、牛丼が大好きです。もう今まで何回食べたかしら。さすがに毎日は無理だろうけど、三日に一回のペースなら死ぬまで食い続けられる...
【レビュー】『すき家 冷凍牛丼の具』を買って食べてみた。
最近冷凍食品にハマっていて特に気になるのが、チェーン店の味が自宅で楽しめますっていうタイプの奴。常温のレトルト食品とは段違いの美味さ...
【レビュー】『なか卯 冷凍 カツ丼の具』を買って食べてみたよ
先日Yahoo!ショッピングをフラフラ見ていると、ゼンショー通販ショップで冷凍食品の「なか卯 カツ丼の具 8食セット」が48時間限定SALE...
【レビュー】『松屋 冷凍 豚めしの具』を買って食べてみた。
牛丼チェーンの冷凍食品を紹介するシリーズ。今回は松屋の豚めしです。 BSE騒動で牛肉の調達が難しくなった頃、苦肉の策として開発...
スポンサーリンク